テレビのある部屋

注文住宅に纏わる詳細知識

赤い部屋

・地縄張りと地鎮祭などについて
注文住宅の大きさを正確に把握したり、部屋割りをちゃんとする為に、建築するエリア内へと縄をキレイに張って行き、宅地の地面へと分かりやすいように、はっきりと印を付けて行きます。上記の作業の事を地縄張りと言います。地縄張りが済んだら、以降では地鎮祭と呼ばれるものを、やって行く流れになります。その日を迎える事により、工事スケジュールの説明を、実施してもらうパターンもあります。
・地縄張りや地鎮祭のポイント
注文住宅が描かれている図面と、じっくりと比較しながら、境界光の正しい位置や、家屋の間隔などを慎重に確かめて行きます。地鎮祭に関しては、現在だと一部を省いてから実行してくれるところもある為、この部分により費用を上手くカットする事が可能です。
・地縄張りと地鎮祭へと掛かる料金
神主さんに支払う謝礼とは、大体3万円~6万円前後になっています。
・基礎工事や上棟式
注文住宅の木造建築では、基礎が無事に仕上がったら、次に土台、柱、梁などを、大工さんが手際良く組み立てて行き、骨組みを頑丈に作って行きます。この時へと最も高いエリアに、棟木と呼ばれる材木を載せて行き、完成した当日中へと上棟式が開かれます。

注目記事

部屋

注文住宅で好きな素材や場所に作る

注文住宅で建てた場合、好きな素材で好きな場所に棚や収納を付ける事が出来るので、内装にこだわりたい人は注文住宅にするべきだと思います。私は小物を飾るのが好きなのでニッチ(壁が凹んでいて物が置ける)をたくさん作りました。好きな小物…

もっと読む